2015年11月29日

ダサいと思うのが


好きな事を必死で一所懸命やりたいと思っている。

涼しい顔してかっこ良い事言ってタバコ吸うのって、若造にはかっこ良く見えるんだろうか?私にはダサくて失笑なんだけど。

大人になればなるほど、自分の時間はなくなっていき、好きな事を分からなくなり、好きな事を忘れがち。

だけどね。好きな気持ちを思い出して欲しい。そんで、誰にも負けない!という気持ちで頑張って欲しい。

テキトーにやるのも、辞めるのもカンタン。だけど、無理かもしれないと思いながらでも頑張っていたら、必ず実りはある。

だから、こころを研ぎ澄ませろ!他の誰にも見つけられないよ。キミだけの感性で見つけるんだよ。
posted by ミニ at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

イエス マイロード

image-36b82.jpg
ずっと楽しみにしていた舞台「黒執事〜地に燃えるリコリス2015〜」

好きな俳優、好きな原作って事で、私も娘もハードル高く臨んだのですが。



結果…前半終わった時点で立ち上がれない位。全て終わった後は、何か言おうとしても言葉が出てこなくて涙ぐむ始末。


舞台は、来日物・四季・若手、色々観たけれど…その中で明らかに最高レベルでした。


原作が漫画でアニメにもなっている。だけど、二次元よりも二次元だった。私の好きな俳優を久しぶりに観る事が出来たけど、歌もダンスも益々上手で可愛かった!私の好きなキャラクター・グレルはイメージ通りで気持ち悪く残忍だった!テニミュからのカメレオン俳優は、どの女優よりも美しく可愛く、そして変態だった!同じくテニミュ顎俳優は、重く悲しい本編の中で絶妙な笑いを散りばめていた!

宝塚出身のゾクゾクする程美形の女優さんは、マダムレッドを誇り高く、哀しく儚く演じていて、歌声が心情を如実に現していて…歌とは演技なのだと理解した。

そして。悪魔だけれど、シエルに仕える執事となったセバスチャン。テニミュ俳優として動画で観た事はあったけど、ごめんなさい、それほど期待はしていなかった。見かけがセバスチャンぽいからセバスチャン役になったのかと思っていた。だって絶対8頭身以上!!


そんな彼の、汗一つかかずに立ち回る様子を観、怒れば怒る程笑顔になる事を知り、ひとたび歌えばシエルを護っているかのような前半から一転する後半。メロディは同じなのに「そうだ、この男は美しい悪魔なのだ」と背筋が思い出し凍りつく頃には、体は震える事をやめられず、涙はただ頬を伝い続けてしまう。

歌が上手いとか、表現力があるとか、そういうわかりやすい言葉で表す事は不可能!私だって、語彙力や表現力はあると自負しているが、追いつかない。

ゆんは、本当に素晴らしかった!!



posted by ミニ at 21:15| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ギュギューッと締め直しながら、他人には理解できないだろうという優越感に浸る。

遊園地で、乗り物の順番待ちをしている時、あと何回目で自分の番になるのかドキドキしながら待つ。
ドキドキしているのは私だけなのだろうかと思う程に、前の人々は呆気なく順番に飲み込まれていく。

私の想いは、そんなに簡単なものなのかな?つまらないものなのかな…

並べば、誰にでも平等に訪れる時間。それでもね、刹那を大事にしたいんだよ。

posted by ミニ at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | かきもの | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

拳を握りしめながら泣いてしまうような

さわれない歌

歌:UNISON SQUARE GARDEN作詞:田淵智也作曲:田淵智也

『僕が今日も旅に出る理由は 多分君には教えないけれど
届くならlet me sing, let me sing 誰にも触れない歌をずっとね』
まだちょっと分かりにくい。

『幸せ不幸せ 両方を空にかざして
確かめてみるのは(standby) 君が(standby)
君でいられるかどうかだ』
そう、君の為に僕は考えているんだ。

『もしも君が孤独の中に居て 泣き声も聞いてもらえないなら
思い切り泣けばいい 立ち上がる頃に強くなる
僕が今日も旅に出る理由は 多分君には教えないけれど
届くならlet me sing, let me sing 誰にも触れない歌をずっとね』
決して甘やかしはしない。優しさはあるけれど。触れない歌とは『いつかの僕がもらった明日への距離が
今度は誰かのちょうどいい温度感に』なる歌の事。

『流星数多森羅万象が巡り巡って
はじき出されるのは(standby) 人が(standby)
名前持つ本当の意味だ』ちょっと抽象的で美しい。

『もしも僕が君の前まで来て 何かできることがあるとしても
この手は差し出さない きっかけは与えたいけれど
それでも君が手を伸ばすのなら 何度でも伸ばし続けるのなら
その答えthat is true, that is true 誰にも邪魔できないよ きっとね』何故なら、君の悩みや迷いや悲しみは全て君だけしか分からないものだから。小さな協力が出来たとしても、最終的には君がどうにかするしかないのだから。

『いとも簡単に届く君の手 触れて
いとも簡単にサティスファクション…? 浮かぶ ハテナより
もう少し、もう少し、って思えるように
大丈夫、大丈夫、って僕は歌いたい』あくまでも、君が答えを出す事を望んでいる。

『もしも君が孤独の中に居て それでも君が君の中に居て
その手を伸ばすなら もう立ち上がれるみたいだ
出した答えは君だけのもので もがき続ける君だけのもので
でも、隣what is it? what is it? 光ることができたなら
だから僕は今日も惑星(ほし)のどこか 誰にも触れない歌を歌う
近づき過ぎないで ちょうどいい温度感であれ
みんなに届かなくてもいいから いくら嘲笑われてもいいから
願いながらlet me sing, let me sing 誰にも触れない歌をずっとね』
どんなに辛くても、自分でどうにかする事に意味がある。だから、少し離れた場所に僕はいるよ。だけど、いつもいつでも君を見守っているよ。たとえ、そのやり方を周りに理解されなくても。

真っ直ぐな歌声に心がハッとする。冬の朝のように、キッパリとしていて、一見冷たいようだけど、これから穏やかな太陽が出る兆しを感じられる曲。

posted by ミニ at 22:52| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

充電時間!

今日は、久々のテニミュ観戦。前回の観戦から時間が経っていた事、やはり2ndでハマった人間には3rdのハードルは高い事から、あまり期待していなかったのだけど。
前回の不動峰戦から格段にダンスも歌も上手くなっていた!!

若い力ってすごいよね。体力だけじゃなくてね、頭も柔らかいんだろうね。毎日吸収してそれを自分というフィルターを通して新しい力に出来る。

テニミュに対する愛情、キャラに対する愛情、毎日は同じではないんだと気付き、悩み、模索して、作り上げる楽しさに目覚めているのがよく分かる。

自分の演じるキャラクターが苦しい時や負けそうな時、負けた時、勝った時、一人の俳優ではなくなっている。自分のキャラクターを応援しながら演じるという不思議な現象を、私達は目の当たりにして、まるで幽体離脱のようでハテナが脳内を飛び交うのだけど、そのすべての目撃者だという想いで会場は一体化する。

簡単に言えば、成長を見守るのが醍醐味って事w

でもね、見えない努力に思いを馳せると、色々語りたいんだよ。未完成から始まったからこその。

今日は、娘と、娘の友達と三人で行ったんだけど、そのコがすっかりハマったよ。生で観るって、YouTubeとは比べ物になないからね。舞台は生だからこそ面白い。だからね、今回は演出で結構凝っていて感心したのだけれど、舞台って例え何も小道具がなくたって、まるであるように見せる演技力が必要だと思うので…演出も程々がいいね。

posted by ミニ at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする