2017年01月29日

しるし

子供の頃、くるみ割り人形の話に出てくるジャンカリンが怖かった。早く寝ないと連れて行かれてネズミにされるという設定で、夜更かししている所を見つかった子供の髪の毛が逆立っている場面がね、本当に怖くてね。
夜は8時に寝かされていたから、早過ぎて寝られない時が多々あって、うっかり口笛なんか吹いちゃったらこれも怖いよね。ヘビが来るよ!とか言われてさ。今なら、ヘビ呼ぶレトロな芸人いたなーとか思う余裕あるんだけどね。まあ、口笛なんて下手くそで吹けたもんじゃないんだけど。

数年前までは、夜の闇よりも、それが明けてしまう事が怖かった。昨日終わったはずの色々を、また最初からやり直さなきゃいけない事が怖かった。もしも上手く出来なかったら怒られるんじゃないか、怒られたら絶望してODしてまた辛くなる、それを繰り返す恐怖。


今は。わからない事が多過ぎて、白でもなく黒でもなくグレーだよw グレーゾーンで寝そべって、頭は白だけど足は黒みたいなね。左半身白で右半身黒みたいなね。

そして、案外、正義はグレーゾーンにあったりするんだろうね。

毎日、まだまだ濃い月を見ながら出勤している。息をひそめる空気を、切り裂いて歩いている。便利なポケットの中で暖まる指先を許さない。


私は私を傷付ける事はもうしない、ほとんど。

とはいえ、止まない雨はないとか、明けない夜はないとか、クソ。闇に感情などなく、ただそこに横たわるだけ。そんなものになんて、私は負けない。
posted by ミニ at 20:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]