2017年03月20日

再びの三度の、更に再度の

「この歌、、もっと上手い人が歌えば、もっと売れたんじゃない?」なんて話を耳にしたんだけど。
歌は魂なんだ。

心を詩にする。

そして、何度も考えるのは、上手いとはどういう事なのか。

そして、何度もいうのは、圧倒的な歌声というものはある、という事。聴いたら胸を撃ち抜かれる。

そして、何度も巡るのは、上手いのは、また別なのではないかと。

基本は大事だけど、基本をしっかりやったからといって上手くなる訳でもないし、基本をやってみても、基本のは枠に収まらず飛び出す才能もある。

エレカシ・宮本浩次は、まさにそんな人だと思う。天照大神の扉も開く歌だと思う。

メンバー紹介、自分の事、総合司会って言ってたw

posted by ミニ at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]