2017年03月28日

三面鏡を覗く

こないだ、インディーズのバンドを見て初心にかえったと書いたんだけど。
インディーズのバンドが初々しかったからではないの。逆。少し人気が出ると天狗になり、沢山のライブのうちの一本をこなしているだけになる。

笑っちゃうのは、そういうバンドはたいした事がないって事。上手いかもしれないけど、薄っぺらで冷たい。対して良いバンドは、デカイ所でライブをやったり、あちこちで呼ばれたり、根強いファンがいたりして、真面目に活動してる。上手くても人気があっても、奢る事なく、ライブの最中、一人一人の目を見て心に訴えかける。

心血を注ぎ、身を削って、作った曲だって、分かる。だから泣いちゃうし、元気になれる。

そして、インターネットで音楽を楽しめる現代で、敢えてライブに行きたいと思う。

 ライブの作り出す空間って、凄いね。語彙力ないねw 
posted by ミニ at 21:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]