2017年09月11日

シビレル

昨日WOWOWでやってたCoccoのライブ。
衝撃のデビュー曲から、畳み掛ける、照明が真っ赤に染まる曲達。

もう泣いた。

あの細い身体からほとばしる、感情と真っ直ぐな歌。

武道館ツーデイズ。隅から隅まで届く歌。その場にいなくてもわかるよ!その圧倒的な音楽は、男性は苦手だろうけど、バンドはみんな男なの。そこに救われる。

微動だにしない観客は、地蔵なのではなく、彼女の魂があまりに輝いているので震えるだけ。心すら近寄れないのだ。

刺さる。刺さる。刺さる。



posted by ミニ at 20:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]