2010年06月09日

スポ根&非スポ根

TSUTAYAで漫画借りました。仕事はするにしても10月以降の収入ナシの癖に借りました。

喧嘩にならないって素晴らしいね!無駄な体力使う必要ないからね。

なんだか借りたものが、「ちはやふる」(百人一首)・「3月のライオン」(将棋)・「ピアノの森」(ピアノ)と、なんだかスポ根臭がする。

だけど、「ピアノの森」は違うかな。同じピアノ物なら「のだめ」はスポ根だと思うけど。

普通、このような題材を扱う場合は専門的な事が沢山出てくるけど、「ピアノの森」はそこに重きを置いていない。

ナメている訳ではなく、ぶっちゃけ「のだめ」は難しい。

「ピアノの森」はキャラ設定も分かり易いし、音楽の専門知識は要らない。


ところで、来月の発表会に向けて連弾練習をしているが、細かい表現の説明が難しい。

フォルテやピアノは分かりやすいけど、メゾフォルテやメゾピアノは微妙…

私としては、メゾピアノは「訳ありな感じ=市原悦子がのぞき見してる感じ」なんだけど…違いますか?
posted by ミニ at 22:32| 東京 ☁| 漫画 | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

悪いとこが良いところ

相変わらずウチは「ワンピース」ブームです。
毎日のように、子はDVDを見てますね。


それをチラチラ見ていて今更ながら気付いた事。

「ワンピース」は海賊が主人公です。主人公ってまぁだいたいは、憧れるカッコイイ存在だと思うけど、「ワンピース」はちょっと違う。


海賊って、本当は犯罪者だって事をちゃんと言っている。今では仲間だけど、親を海賊に殺されて憎しみを持っている人もいるし、どこの島に行っても嫌がられてる。


「悪い」事はカッコイイ訳じゃない。それを分かってる上で海賊をやってるんだよね。それを美学…とも言いたくないけど…あえて言うなら…命を大事にしていると思う。


それって、当たり前そうで当たり前じゃないんだよね。
posted by ミニ at 23:54| 東京 ☁| 漫画 | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

好きな人

「ワンピース」の1STログを読んでます。単行本4・5巻分。絵が大きくて迫力あります。


私が最初に好きになったキャラ、ウソップのエピソードが入っている。


毎朝「海賊が来たぞー」とホラを吹いて街中を走り、みんなに悪態つかれて。愛のある悪態なんだけどね。


本当に海賊が来ると知って、必死でみんなに言うけど「狼少年」扱い。ならば自分が一人で守ろうとする。


ホントは怖いのにね。


強くてカッコイイキャラなら他にいるけど、私は弱いけど震えながら戦うウソップが好き。

私も一緒に戦いたいと思う。


守ってもらうお姫様じゃなくて、私が守ってあげたいと思うくらいが良いな。
posted by ミニ at 23:08| 東京 ☀| 漫画 | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

船長

またワンピースかよ(笑)


ハイ、ワンピースです(笑)

ルフィが何も諦めないのは、自分がゴム人間で無敵だからじゃないのよね。ただ仲間を大事にしてるから。


もしもルフィが普通の人間でも、同じように言ったり戦ったりするだろうな、と思うから読んでいて感情移入出来る。


頑張らない人は無理だお(笑)


バンドのお母さんが何度も逃げたくなっちゃ駄目よね。私もルフィみたいに、真っ直ぐ強くなりたいなぁ。


ただ強いだけではなくてね。強くなりたいという気持ちを持つ弱い人間。弱さから抜け出したくて、強さを欲する事。


欲しいな。
posted by ミニ at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | 漫画 | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

やっと30巻

ワンピースは長いのだ w


冒険に継ぐ冒険を重ね、元より強かった者は更に技術を重ねてきてる。けど言ってしまえば「1から2」への移動って…必要且つ必然なのかと…。


それに比べたら、今まで逃げて守られてた者達の「0から1」の成長は大きいと思う。


脳内で数々の葛藤をして戦いに行く理由は、仲間の為。


誰にも勝てない癖に闘争心ばかり剥き出しで、周りを困惑させてちゃいけないのよね(笑)


どんなに傷を負っても諦めない姿には、勇気をもらえます。

シャーっ!ピアノも必死で練習中!
posted by ミニ at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | 漫画 | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

さすがです

最近「ワンピース」を読み始めましたよ。遅っっ!!

この漫画は「登場人物が死なない」んですって。それっていい事だと思います。誰かが死ななきゃ命の尊さが分からないなんておかしい。


まだ6巻までしか読んでないので、主な登場人物が出揃うというレベル。


しっかし良いね。悪魔の実を食べてゴム人間になったルフィの人間性(ゴム性?)が実に爽快だし。


ウソップという男が出てくるんですが、彼は毎朝「大変だ!海賊が来たぞ!」とホラを吹いて村中を駆け巡り、それは毎朝みんなに受け入れられ毎朝怒られる。


ウソップの父は海賊で「海が呼ぶから」と、妻と息子を置いて海に出てしまってそれっきり。

ウソップは父母を亡くした体の弱いカヤの為に、楽しいホラ話をしに通っていたが、実はそこの執事が海賊でカヤの財産と村を狙っていて、ウソップはその事を知ってみんなに言うんだけど、誰も信じてくれないばかりか、危害を加えられる始末。

自分が海賊を阻止すると決め、立ち向かう。ルフィ達も参戦し、結果、村は無事守られる。


その時にウソップはね、戦いに関わった人間に言うんだよ「この事を内緒に出来るかい」って。要は、村人達をむやみに怖がらせたくないから、全部は嘘だったって事にしたいと。


カヤの使用人は言う「ウソップの父が出て行った時、同時に母親も亡くしているんだ」と。母親がまさにみまかろうとしたその時ウソップは「海賊船が来たぞ!父ちゃんが、母ちゃんが元気になったら一緒に連れて行くって!!」という。


そして母は亡くなった。けど、その後もずっと毎朝ウソップは「海賊が来たぞ!」と村を駆け巡るんですよ。



そのエピソードを読んだ時、涙が止まらなくなってしまいました。


優しい嘘をつく、優しいウソップ。


ルフィの仲間になった。これから楽しみです。





posted by ミニ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | 漫画 | 更新情報をチェックする