2017年03月20日

再びの三度の、更に再度の

「この歌、、もっと上手い人が歌えば、もっと売れたんじゃない?」なんて話を耳にしたんだけど。
歌は魂なんだ。

心を詩にする。

そして、何度も考えるのは、上手いとはどういう事なのか。

そして、何度もいうのは、圧倒的な歌声というものはある、という事。聴いたら胸を撃ち抜かれる。

そして、何度も巡るのは、上手いのは、また別なのではないかと。

基本は大事だけど、基本をしっかりやったからといって上手くなる訳でもないし、基本をやってみても、基本のは枠に収まらず飛び出す才能もある。

エレカシ・宮本浩次は、まさにそんな人だと思う。天照大神の扉も開く歌だと思う。

メンバー紹介、自分の事、総合司会って言ってたw

posted by ミニ at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

どうしよう

私の、心から尊敬するチーフと、もう一緒に仕事ができない予感…

仕事が速い、教えるのが上手い、人をよく見ていてどう対応したらいいか瞬時に判断・実行出来る。誰が具合悪いとか把握出来る。嫌いな人間がいても、公平に接し、時々ピシャリとやる。打算で仕事をしない。大酒飲んでも、乱れない。

もう少し、同じ場所で勉強させてもらいたかった。
posted by ミニ at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ひとを呪わば穴二つ

今日は色々あった。まぁ、毎日色々あるんだけど。
何があっても冷静でいなくてはいけないチーフという立場は、やはり一匹狼なのかな。

私も色々。悔しい思いをしたり。

だけど、人は自分を映す鏡なんだよね。イジワルされるって事は、私もイジワルなんだ。だから、どんなにムカついても、何をされても言われても、寧ろ優しくする事を心掛けている。顔色を伺っているわけではなくてね。
ささそ
そして、仕事には私情が影響してはいけない。ミスや事故には繋がりかねないしね。

今日は、何か自分にできた事があったんじゃないか、とか考えてしまう。チーフは大丈夫かな…



posted by ミニ at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

ライブ!!


IMG_0507.JPGIMG_0508.JPG
昨日は娘とサーキットフェスへ。どうしても見たいバンドが出るので…。

11時の会場からACBに入り、最初のバンドは「オメでたい頭でなにより」。娘情報通り、イケメンで歌上手くて楽しいニコニコ出来るライブでした。イロモノバンドかも知れないけど、演ってる人達がとにかく笑顔だったので、自然と踊って歌ってしまった。

その後は、モテるんだろうなぁーという感じのフォークテイストなオシャレバンド、解散間近だというバンドまで、ずっと娘と最前キープ。気づいたらお客さんパンパンで入場規制してた。

さてさて、ビレッジマンズストア。リハも公開だから何となくライブになっちゃうんだね。近くで観るメンバーのスタイルの良さったらないわ。ボーカルのギイさんなんか特に、はいからさんが通るに出てくる編集長みたいな超美形だし!

全6曲、気持ち悪いくらいにテンション上がりっぱなしのライブでした。途中、後ろから押されて、柵がない為に娘前に倒れたけど、その後で私がまた吹っ飛ばすっていうね。そんで私自身が娘を起こすっていうね。隣の女の人もヘドバンで吹っ飛ばしてしまったし…。

なんだろう、ホルモンで鍛えられ過ぎたのかなw 

一番好きな曲はやらなかったけど、むしろやらなくて良かったねと娘と意見一致。やってたらもう他バンド見ないで帰っちゃうもんw その曲は、耳から血が出てもいい!と思うくらい好きな曲。

汗びっしょりで、初めてラババンを買い、次のバンドを見に別ライブハウスへ。

新しいライブハウスらしくて、オシャンな所だったなぁ〜。だけど、楽器搬出口と一般出入口が同じだから、入場待機列が階段の上まで続いてる横を、楽器持ったメンバーが出入りするのは、なかなか不便ね。

最近人気のオシャンバンドを見て、こりゃ売れるわなーと娘と。好きか嫌いかはともかくね。

さて、本日三つ目のお目当バンド。愛はズボーン。カッコいいんだけど、関西だからかな面白要素もあって良い!ドラムが力づくで叩くんだけど、本当に下手くそだったらあんな風には叩かないだろうなぁ。娘と意見一致。たくさんのバンドを観たけど、帰りに口ずさむのは、このバンドの曲でした。破壊力すごい。

そして、娘が見たがっていたパノラマパナマタウン。顔は好みじゃないと言っていて、それを聞いた時は意味わからなかったんだけど、見て納得の昭和顔。人気あるのね、お客さんいっぱいだった。

途中で抜けて、次のライブハウスへ。黒猫チェルシー、人気あるみたいだったけど、私達的には辛口意見。

そして、トリ!!セックスマシーン!!私は8年くらい前?に見て、娘はついこないだイベントで見て、我が家の支持率100%。ちなみに0%はYKNさん。世間的にはカリスマなのに。

お客さんが一気に減ってしまい、心配だったけど、さすが。バンドはそんな事なんのその。二階から降りて来ないお客さんの所には、曲中なのに自分から行っちゃうモーリー。マイクはお客さんからお客さんへと渡され、無事モーリーの元へ。モーリーが再びステージに戻るまでの間に、またマイクがお客さんからお客さんへと渡される。

セックスマシーンは、コミックバンドみたいに見られるかも知れないけど、簡単な言葉で紡がれた曲には深い想いが込められてる。モーリーは熱く暑く暑苦しく語り、笑わせ、ジーンとさせる。バンドはメンバーが入れ替わりながらも、長く続けてる。

たくさん笑って叫んで、やっぱり楽しいライブだった。他のライブハウスでは、今をときめく人気のバンドがライブをやっていて、それはそれは楽しいんだろうけど、私はセックスマシーンをトリに見るバンドに選んで大正解!!

たくさんのバンドを見て、上手くてセンスのある人って本当たくさんいるんだなと唖然とした。それと、忘れてはいけない気持ちってあって、それは何としても忘れてはいけないんだ、と再確認。単純にいえば、初期衝動と、当たり前ではない事を当たり前だと思わないという事。当たり前なんてどこにもない。当たり前になる事は怖い。

たっぷり丸一日遊んで学んだ休日でした。

posted by ミニ at 18:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

胸が苦しい

母の所にいた猫が亡くなって、もうすぐ一年。人間のように丁寧に弔って一年。
娘が小さい時は、遊んでもらって、膝に座ってもらってた。前の天才猫とは違った魅力があって、お葬式は本当に悲しかった。受験終わって、あと2日したら会いに行く予定だったのに間に合わなかった。

時々、たまらなく会いたくなる。前の猫も、そのあとの猫も。それぞれの毛並みの感触を覚えている。獣臭くない匂いも…

息が苦しくなるくらい嗚咽。

posted by ミニ at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

アンハッピー、、、

信じられない事に40歳になってしまった。肌が衰えて身体も衰えてどんどんハゲて、最早40歳にも見えないくらいに老けたなw
自分の人生は人生で選んだんだろう、と言われると、どこまでは選んでなくて、どっから選んだ事になるんだよと言いたい。そして、ついでにもう一言言いたいのは、そんなら私は産まれない事を選ぶよ。
posted by ミニ at 21:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

電影少女

中学生の頃、漫画の主人公に恋した。
エッチなビデオを見ようとしたのに、デッキが壊れていた為、本来の姿より貧相な女の子が現れた。その女の子との、非現実でエッチなのに純愛な漫画。

それを思い出した。

ビレッジマンズストア「ビデオガール」

「君は平面だね・味も匂いもしないね・そんで全部分かるのさ・君の次の行動も」

君、はビデオの中だけの存在なのだと分かる。では何故?
「君は告別式から・絶えず笑ってばっかで」

真実は分かった。だけどまるで僕が亡霊のよう…「明日なんてやって来ないの分かってる・だけど時計が止まったなんて・君と僕の二人の中だけ」

救いを持っている。
「君を引き伸ばそうかな・僕がぺっちゃんこかな・ビデオガールを救う映画のヒーローは」僕も笑っている。

だけど…「ほの暗い部屋で笑いかけないで・擦れたテープが切れるまでずっと回ってる」

ビレッジマンズストアの曲は、そんなに歌詞が詳しくない。もっと知りたいと思うくらいに淡白。だけど、その度合いが絶妙で、リズムだけで音楽を表現しているバンドではない。


posted by ミニ at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

しるし

子供の頃、くるみ割り人形の話に出てくるジャンカリンが怖かった。早く寝ないと連れて行かれてネズミにされるという設定で、夜更かししている所を見つかった子供の髪の毛が逆立っている場面がね、本当に怖くてね。
夜は8時に寝かされていたから、早過ぎて寝られない時が多々あって、うっかり口笛なんか吹いちゃったらこれも怖いよね。ヘビが来るよ!とか言われてさ。今なら、ヘビ呼ぶレトロな芸人いたなーとか思う余裕あるんだけどね。まあ、口笛なんて下手くそで吹けたもんじゃないんだけど。

数年前までは、夜の闇よりも、それが明けてしまう事が怖かった。昨日終わったはずの色々を、また最初からやり直さなきゃいけない事が怖かった。もしも上手く出来なかったら怒られるんじゃないか、怒られたら絶望してODしてまた辛くなる、それを繰り返す恐怖。


今は。わからない事が多過ぎて、白でもなく黒でもなくグレーだよw グレーゾーンで寝そべって、頭は白だけど足は黒みたいなね。左半身白で右半身黒みたいなね。

そして、案外、正義はグレーゾーンにあったりするんだろうね。

毎日、まだまだ濃い月を見ながら出勤している。息をひそめる空気を、切り裂いて歩いている。便利なポケットの中で暖まる指先を許さない。


私は私を傷付ける事はもうしない、ほとんど。

とはいえ、止まない雨はないとか、明けない夜はないとか、クソ。闇に感情などなく、ただそこに横たわるだけ。そんなものになんて、私は負けない。
posted by ミニ at 20:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

ねぇ、

感情が高ぶると、私は泣いてしまう。

けど、そういうのを好きじゃない人は多いし、私も本当は泣きたくはない。

泣けばいいと思っている、とか、思われたくない。



だって違う。



かといって、本音ではない(本音の一部かもしれないけど)言葉を、勢いのまま言ってしまえば全てが終わる。

言いたい気持ちはあっても、天秤にかけるまでもなく、大事な事を最優先。当たり前。

言い訳よりも、シンプルに。それだけを伝えたい。
posted by ミニ at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

その後

落ち込んで辞めたいと思ったり、それは違うと思ったり、堂々めぐりで涙目な日々。
もういいやとヤケ糞な気持ちにもなったりして、混乱を極めました。

今日は少し冷静。いや、冷静になるまでに混迷し涙目な日だった。黙々とバイトしていると考えてしまって。

でも少しだけ、道が見えた。感情論では冷静でいられないけれど、箇条書きで重要事項をまとめればなんとかなりそうだ。

今、私を支えるのは、「私のトンガリを皆が守ってくれている」という事と、私の事をチーフが100%認めてくれているという事。

チーフは私が嫌いなのではなく、若かりし頃の自分と似ているから心配している。全てをやろうと意気込み背負わなくても良いんだと。肩の力を抜かないとこの先働き続けられないという心配も。シングルで頑張ってきたからこそ、私の心配と期待をしてくれている。食べ物を頂いたりという支援もしてくれている。万が一、お金がないなら自分から借りなさいとも言われた。

大好きなんです。
posted by ミニ at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする